【YouTube制作】英語文字起こしの方法とスマホアプリで字幕がテロップと重なってしまう件。

動画編集

なんだか海外の友達YouTube動画を送ることになったのだが。。。

「I can’t understand this!!(日本語だからナニ言ってるかわからんよ!)」

と言われてしまった。そりゃそうだ。やっぱり英語で文字起こしやらないとだめなのね。。。。

仕方ないので文字起こししてみる

YouTubeには「文字起こし」という機能があり、ここでテロップの編集ができる。

「YouTube Studio」 > 「文字起こし」へ移動。

動画のタイトルをクリックすると、「言語を設定」という選択タブのある画面に移動する。

今回は英語での文字起こしなので「英語」を選択、デフォルトでは英語字幕を表示しないようにしたいので、「これを自分のチャンネルのデフォルトにする」のチェックは外す。

すると、「英語」が追加される。更にここに文字起こししないとならないので、「追加」をクリック。

「ファイルをアップロードする」「文字起こしと自動同期」なんていう他機能もあるが、細かい表現もあるのでオレの場合は「新しい字幕を作成する」を選択。

すると自動でタイムレコードが生成される。

この動画でなく別の動画で先に英語の文字起こしをしていたんだが、正直、この自動で生成されるタイムレコードは使いづらいので削除して、音声を聞きながら打っていく方をおすすめするかな。

英語を挿入した感じがこちら

先程の動画は文字起こしする前だったのだが、別の動画はすでに文字起こししているのでそちらのスクリーンショット。こんな感じでタイムレコードを追加して挿入していく。

編集が終わって公開をすると、「公開済み 作成者:クリエイター」と表示される。

チャンネルのトップページの動画にも、ちゃんと「字幕」マークが。

もちろん、検索結果にも。これは嬉しい。

ちゃんと英語字幕が表示されている!ついでにタイトルにも英語での説明を追加した。

字幕が表示される位置に問題発生!

ただ、一つ難点があった。デフォルトでの字幕の位置が自分が作ったテロップと重なってしまった。

幸いにもPCの場合は文字の背景に黒字が引いてあるので重なっても気にならないのと、字幕の部分へカーソルを持っていくとハンドツールのようになり、その字幕を移動できる。のでまあよいが。。。

上のはiPhoneのYouTubeアプリで縦表示で開いた場合なんですが。。。なんと、完全に重なっている。。。YouTubeアプリの場合は字幕に黒地がないし、しかもアプリ上で字幕の位置を移動できない!

これは新たな問題だな。。。もともとこの動画を作る段階ではPCでの表示でタイムラインのバーに自作テロップが重ならないように作っていたのだが、YouTubeのアプリでのタイムラインのバーの位置は完全に動画の下線で、しかも完全に自作テロップと重なっているし、移動できないし、黒地がないから読めない。。。

注)ちなみにiPhoneのiOS12の場合のデフォルト設定での話。

「一般」 > 「アクセシビリティ」 > 「字幕とキャプション」 > 「スタイル」を「クラシック」に変更することで背景を黒地に変更することが可能だ。上の写真は変更後。これなら完璧に英語で読める。

まとめ

正直、スマホのアプリでの検証をせずに今まで作ってきたので、今回の字幕重なる事件は驚いたwww

将来的にはOSやアプリのバージョンアップで回避できそうだけれど、今の段階ではどうにもならなそうだ。今後の5G時代を考えるとスマホでの英語字幕表示も必須なってくると思うので、引き続き英語対応するとして、自作テロップと重なるのはしかないのかな。。。最悪PCはいいとして(黒地があるから)スマホは何か対応策があった方がいいかも。

PCネイティブのおじさんにはスマホアプリは苦やのう。。。